がり屋ブログ

めんどくさがりで恥ずかしがり屋で目立ちたがり屋のブログです。

MENU

【クレアチンを比較】マッスルテックvsマッスルファーム

どーも!がり屋です!

 

みなさん、筋トレしていますか?

 

筋トレ初心者におすすめするサプリメントの中に『クレアチン』というものがあります。

 

クレアチンはアミノ酸の一種で、瞬発力を発揮する際のエネルギーとなり、筋肥大にも貢献してくれます。

 

そんな神の粉とも言える『クレアチン』ですが、さまざまなサプリメントメーカーがクレアチンを取り扱っており、正直どのメーカーのクレアチンを買ったらいいのか迷います。

 

そこで、今回はクレアチンの中でもコスパに優れたメーカーのクレアチン2つを比較してみました。

 

マッスルテックとマッスルファームのクレアチン

 

Muscletech(マッスルテック)vs MusclePharm(マッスルファーム)

今回選んだものはサプリメントメーカーの『マッスルテック』と『マッスルファーム』が販売しているクレアチンです。 

 

コスパ

 まずはマッスルテックの一杯分の単価を見てみましょう。

 

amazon価格 2,598円 ÷ 80回 = 32.4円 / 回

iherb価格 1,495円 ÷ 80回 = 18.6円 / 回

 

次にマッスルファームの一杯分の単価です。

 

amazon価格 2,169円 ÷ 200回 = 10.8円 / 回

iherb価格 1,700円 ÷ 200回 = 8.5円 / 回

 

コスパに関してはマッスルファームに軍配が上がりましたね。

さすがマッスルファームです。

 

しかし一回分の単価が8.5円て激安ですよね!

 

小遣い制トレーニーにとってはありがたい以外の何者でもないですね。

 

溶けやすさ

溶けやすさは実際に使用したところ、マッスルテックの方が溶けやすいと感じました。

 

マッスルテックは商品名に『微粉化』と記載されている通り、粉の粒が小さいです。

 

一方マッスルファームの方は微粉化されていないので、粒の大きさは砂糖や塩に比べて少し小さいくらいです。

 

実際に並べて比べてみると一目瞭然。

 

上白糖とクレアチンの粒の大きさを比較した画像

(左:マッスルファーム、中央:上白糖、右:マッスルテック)

(神の粉よりもヤバい粉に見えなくもない)

 

ということで、溶けやすさはマッスルテックに軍配が上がりました。

 

飲みやすさ

飲みやすさの判断基準は、両者共に無味無臭となっていますので、飲んだ時のザラつき具合とします。

 

こちらも溶けやすさに関係してくるのでほぼ同じ結果になってしまいますが、しっかりシェイクして出来るだけ溶かせば、さほど気にならない程度でした。

 

とはいえ軍配を上げるならマッスルテックですね。

 

 

「微粉化」強し。

 

効果

 

効果に関しては、どちらも純度100%のクレアチンなので違いはないと思われます。

 

総合的にマッスルテック

総合的に評価した場合、おすすめのクレアチンはマッスルテックです。

 

値段も安く、微粉化されているので初めてクレアチンを試す人も飲みやすいです。

 

僕も初めて買ったクレアチンはマッスルテックでしたが、筋力UPと筋肥大を体感できたので大満足でした。

 

マッスルファームはコスパ最強なので、少しでもサプリメント代を節約したい方におすすめします。

 

最後に

クレアチンを使用するにも注意点があり、妊婦・授乳中の方は服用を避けてください。

又、持病があり処方薬を飲んでいる・治療中の方は主治医に相談してください。

 

これは栄養補助食品のほとんどに共通していることですね。

 

クレアチンの副作用としては体重増加が見られるようです。

これは筋肉中の水分増加が原因のようで、体に害はありません。

 

どのサプリメントも用法容量を守って正しくお使いください。

 

 

ちなみにクレアチンを使用している格安ワークアウトドリンクの記事はこちらです。

 

www.gariya9.com

 

以上、クレアチンの比較でした。

 

では、良いサプリメントライフを!