がり屋ブログ

めんどくさがりで恥ずかしがり屋で目立ちたがり屋のブログです。

MENU

「眼鏡」の語源

はいどーも!

がり屋ブログです!

 

今日も物の名前の由来シリーズ書いていきます!

 

今日のお題は「眼鏡」です。

 

9月17日は「敬老の日」なので

 

敬老の日 = ご老人を敬う

 

ご老人を敬う = 手助けしたい

 

手助けしたい = 眼鏡をかけてあげたい!

 

ということで眼鏡の語源を書きます!(めっちゃ無理矢理だな!)

 

f:id:gariya9:20190107002615j:image

 

いろいろ調べて僕が一番わかりやすかった説が「眼の指矩(さしがね) = 眼鏡」でした。

 

指矩とは金属でできたL字型の定規みたいなやつです!

 

指矩を使えば物の長さが正確にわかる。

眼の指矩を使えばピントがボケずに

きちんと物が見える。ということなんですね〜

 

でもそれだと「眼矩」になりますよね。

「眼鏡」の「鏡」はどこから来たのか!

 

それも調べてみると、至極単純でした。

 

レンズを使った物といえば

拡大鏡・望遠鏡などがありますね。

メガネもレンズを使っているので「鏡」が使われたようです!

 

いろいろ調べると他にも「伊達めがね」の

「伊達」はどこから来たのか〜など

知らなくても損しないが知ると面白い

と思いました!

 

ちなみに「伊達」はやっぱり「伊達政宗」かららしいです。

 

「男を立てる」「引き立てる」の「ダテ」とお洒落さんの伊達政宗の「伊達」が合わさった感じなのかなと自分では解釈しております。

 

 

今日は「眼鏡」の語源について書きました。

 

ちょっとした話のネタに使ってください。